足関節捻挫① 前距腓靭帯ATF I度捻挫(損傷なし)

足関節捻挫 

外果は②ATF:前距腓靭帯、PTF:後距腓靭帯、①TF:脛腓靭帯、③CF:踵腓靭帯から構成されます。

捻挫とは、関節にかかる外力により非生理的運動が生じ、関節を支持している靭帯や関節包が損傷することです。足関節では前距腓靱帯が損傷されることが最も多い病態です。

靭帯の損傷程度によって、捻挫の程度を三つに分けています。
靭帯が伸びる程度の損傷を1度捻挫、靭帯の一部が切れるものを2度捻挫、靭帯が完全に切れるものを3度捻挫と定義しています。

動画は、ATFに断裂を認めず、I度捻挫と診断した症例です。

Kiorog2015
  • Kiorog2015
  • 整形外科開業医です。骨・関節・筋肉・神経など運動器疾患のプロフェッショナルという自覚を持って地域医療に努めております。
    43/整形外科医
    メスを置いた整形外科開業医
    超音波画像診断装置を利用する手技が得意
    勤務医時は人工股関節専門医(THA:Anterolateral supineが得意だった)
    趣味:カメラ、スキー、野球観戦
    年代:1976
    活動地域:青森県
    性別:男性

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です