肩関節内注射 後方刺入

拘縮肩に対する関節内ステロイド注射 後方刺入

関節内に痛みの原因がある場合は関節腔内へ局所麻酔薬などを注射します。
肩関節は関節腔が狭く、特に拘縮している症例では関節包が癒着しているため、盲目的関節内注射は不可能です。そのため、針先の位置が正確に関節腔に入っていことをエコーで確認することで、確実な治療効果が得られます。

Kiorog2015
  • Kiorog2015
  • 整形外科開業医です。骨・関節・筋肉・神経など運動器疾患のプロフェッショナルという自覚を持って地域医療に努めております。
    43/整形外科医
    メスを置いた整形外科開業医
    超音波画像診断装置を利用する手技が得意
    勤務医時は人工股関節専門医(THA:Anterolateral supineが得意だった)
    趣味:カメラ、スキー、野球観戦
    年代:1976
    活動地域:青森県
    性別:男性

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です