斜角筋間ブロック

斜角筋間ブロック

肩関節脱臼の整復処置、凍結肩受動術に対して斜角筋間ブロックが行われます。エコーにより正確な位置への麻酔薬の注入が可能になり、確実かつ安全に手技が行えるようになりました。

まず内頚動脈、胸鎖乳突筋を描出させ、プローブを外側へシフトさせます。前/後結節をメルクマールにC7神経根を同定(C7は後結節のみ描出される)します。そのまま頭側へプローブシフトしC6,C5描出させます。前斜角筋と中斜角筋の間に挟み込まれるように走行するので同定は容易です。

Kiorog2015
  • Kiorog2015
  • 整形外科開業医です。骨・関節・筋肉・神経など運動器疾患のプロフェッショナルという自覚を持って地域医療に努めております。
    43/整形外科医
    メスを置いた整形外科開業医
    超音波画像診断装置を利用する手技が得意
    勤務医時は人工股関節専門医(THA:Anterolateral supineが得意だった)
    趣味:カメラ、スキー、野球観戦
    年代:1976
    活動地域:青森県
    性別:男性

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です